サプリメントとお薬

日常の生活の中で足りない栄養素を摂取する上で、非常に便利な存在であるサプリメント。
しかし、健康にいいはずのサプリメントが健康に被害を及ぼす可能性もあります。

 

それは、過剰摂取や医薬品との同時摂取です。

 

まず、過剰摂取ですが、どんなサプリメントも医薬品と同じでいくら健康にいいからってあまり摂取しすぎると副作用を起こす危険性があります。
ですので、サプリメントの容器や説明書に書いてある、1日の摂取目安量を守って服用するようにしましょう。

 

 

次に、医薬品とサプリメントの同時摂取ですが、どっちも、体に良いはずの物どうしのはずなのに、飲み合わせ次第でもとても強い副作用をもたらすこともあります。
ですので、サプリメントを服用していて医師から、薬を処方される場合は必ず、医師にどのようなサプリメントを飲んでいるのかを伝えましょう。それによってサプリメントを飲むのを中止するか、続けて服用してもいいのか指示を仰ぎましょう。

 

さいごに、自分が摂取しているサプリメントの栄養素は、しっかりと学んで理解したうえで服用するよう心がけましょう。

毎日食べるものには健康なものを!

我が家では、朝食は食パンと決まっているのですが、少し前まではスーパーの安売りの食パンを買っていました。
ただ、毎日食べるものなので、少しでも安全で健康に良いものがいいと思い、数年前に思い切ってホームベーカリーを購入しました。
ホームベーカリーを買ってから、いろんな味の食パンに挑戦していたのですが、最近ようやく落ち着いたのが、小麦粉の代わりに半分の量を全粒粉に置きかえ、砂糖の代わりにはちみつを使った食パンです。
全粒粉は小麦粉の数倍の栄養があることで知られていますが、パン屋さんで買うと割高ですよね。
自分で作ると普通の食パンをスーパーで買うのと金額的には変わりませんし、自分で作っているので余計な添加物は一切入っていません。
はちみつを使用しているので、ほんのり甘く、もちもちしていて家族にも好評です。
気分によってブドウパンにするなど気軽にアレンジすることもできます。
やっぱり毎日口にするものは、自分で作るほうが安心で経済的ですね。

 

牛乳が我が家の食生活のキーポイント

私は、食生活に必ず牛乳を取り入れる様にしています。

 

牛乳の栄養

牛乳には必須アミノ酸や脂質、カルシウム、ビタミン類が豊富に含まれています。
調理などの時間をかけなくても手軽に飲めることができるのも魅力の一つです。
また、牛乳にはビタミンB2が多く含まれております。
ビタミンB2には細胞の再生やエネルギーの代謝を促す働きもあり美容にもいい食材です。
牛乳のもう一つの魅力は料理との相性がいいことだと思います。

料理に活躍

クリームシチューや、スイーツ作り、コーンフレーク、コーヒー、紅茶などよき脇役です。

お勧めな料理方法

私がよく飲む方法を紹介します。
それはミルクセーキです。
作り方はすごく簡単で、牛乳に生卵、砂糖、バニラエッセンスを入れよく混ぜあわせます。
それだけで懐かしい甘みのミルクセーキが簡単です。
また、フルーツを冷凍し牛乳とレモン汁砂糖をシェーカーにいれ混ぜ合わせると簡単においしいスムージーができます。

牛乳嫌いな方に

牛乳をあまり好きでないという方には、パンプキンポタージュやみそラーメンに隠し味として加えるのがお勧めです。
牛乳とはわからずに食べられること間違いなしです。